舟木内科クリニックTOP >大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査

最先端の設備を利用した苦痛の少ないラクな大腸内視鏡検査

今日、生活や食習慣の変化から、がんを含めた大腸疾患が非常に増えています。
大腸のがんは早期に見つかれば、内視鏡切除により治癒が可能です。
舟木内科クリニックでは、より多くの方に大腸の病気を予防・早期発見していただくために、
苦痛の少ないラクな大腸内視鏡検査を行っております。
大腸内視鏡診療においては、これまで専門としてきました拡大内視鏡診断を行い、
大腸ポリープが癌であるかないかを生検することなく診断し、
苦痛のない大腸内視鏡検査とあわせて、安全で確実な内視鏡治療に重点をおいた診療を行ないます。

大腸内視鏡検査とは?大腸内視鏡検査とは?大腸内視鏡検査とは、肛門から内視鏡(大腸カメラ)を挿入し、盲腸までのすべての大腸を直接観察する精密な検査です。下部消化器内視鏡検査ともいいます。生検による組織診断や病変の切除などの処置も同時にできます。

検査にかかる費用

健康保険1割負担 健康保険3割負担
検査のみ 約2,000円 約5,000円~6,000円
検査 + 組織検査 約5500円~8,000円 約15,000円~23,000円
ポリープ切除 約8,000円 約20,000円~26,000円

※費用は、おおよその目安になります。詳しくはお問合せください。

当院の大腸内視鏡検査の方法・特徴

前処置は複数の方法からお選びいただけます。

前処置は複数の方法からお選びいただけます。

大腸検査をおこなう前に、腸内をきれいにしておく必要があります。検査を受ける前の前処置は、ご自宅でリラックスした状態で行っていただきます。
当院では、液体による腸洗浄液や、錠剤タイプなど、現在一般的となっている大腸の前処置方のすべてをご用意しています。
患者さんの味覚や、飲みやすさに合わせて、お選びいただけます。
>大腸検査の流れはコチラをご確認ください

当院の大腸検査の特徴

苦痛の少ない大腸内視鏡検査を行います。

大腸内視鏡検査で辛いと感じるのは…
・腸が伸ばされる時に発生する伸展痛
・腸に空気を入れるために発生するお腹の張り感
この2つが主な原因です。

当院では軸保持短縮法により、苦痛の少ない大腸内視鏡検査を行っています。

経験豊富な内視鏡指導医が検査します。

経験豊富な内視鏡指導医が検査します。

「大腸がんは心配だけど検査は苦しいと聞いているので…」と、躊躇される方がいます。安全で苦痛の少ない検査のため、当院では 経験豊富な内視鏡専門医(消化器内視鏡学会指導医)と、ベテランスタッフが検査にあたりますのでご安心ください。

最新式の内視鏡装置を使用します。

最新式の内視鏡装置を使用します。

当院の大腸内視鏡は、最新式の硬度可変式・高解像度の電子内視鏡を使用します。直径11mm程度と非常に細くやらわかな内視鏡で、必要に応じて内視鏡の硬さを変えることができるため、より挿入がスムースになり、患者さんの苦痛も軽減できます。

日帰り内視鏡手術を多数行なっています。

当院では、ポリープはもちろん、早期がんの多くも、可能な限り見つかれば検査と同時に切除します。 内視鏡で、大きくなる前のポリープを切除することで、がんを予防することになります。検査と治療が一度に済むため、身体への負担も少なく済みます。 しかし、大きくなったポリープは同時に切除することは無理ですので、大きなポリープについては改めて治療方針を相談いたします。

大腸内視鏡検査

診療時間


ご予約お問合せ 076-439-6655
メールでお問い合わせ
〒930-0010
富山県富山市稲荷元町1-9-1
クリニックモール稲荷元町2階