舟木内科クリニックTOP >大腸内視鏡検査 >大腸の病気

大腸の病気

増え続ける大腸がん。早期の場合はほとんど自覚症状がありません。

食生活が欧米化した現代の日本で、最も注意しなければならないがんの一つが「大腸がん」です。ここ数年で大腸がんにかかる数(罹患数)が急増し、胃がんと同水準になっています。女性では大腸がんが、がんによる死亡率の第1位となっています。
大腸がんの早期には症状が無い場合が多く、発見が遅れる場合が多々あります。自覚症状があらわれる前から内視鏡検査を受けることで、大腸がんを早期発見できるだけでなく、良性のうちにポリープを切除することで、大腸がんを未然に予防できます。
また、大腸がん以外でも治りにくい大腸の慢性炎症(潰瘍性大腸炎、クローン病など)が若い人の間で増えてきており、定期的に内視鏡検査を受けることをおすすめいたします。

【図】 大腸がん死亡率の推移

大腸内視鏡検査でわかる主な病気

大腸ポリープ
ポリープは、大腸の粘膜が局所的に病気になったものです。がん化したもの、将来がん化するもの、がん化しないものなど、種類もさまざまです。 ほとんどは良性で、痛みなどの自覚症状はありません。検査でポリープが見つかった際は、内視鏡を使って切除が可能です。
【有茎性、亜有茎性ポリープの切除】

  • 有茎性、亜有茎性のポリープを発見有茎性、亜有茎性のポリープを発見
  • 電流を流す「スネア」部分をポリープにひっかけます。電流を流す「スネア」部分をポリープにひっかけます
  • スネアを縛りつけ、ポリープに電流を流します。スネアを縛りつけ、ポリープに電流を流します
  • 切除したポリープを確実に回収します。切除したポリープを確実に回収します
【無茎性ポリープの切除】

  • 無茎性のポリープを発見無茎性のポリープを発見
  • 無茎性のポリープの下に、局注針をさします。無茎性のポリープの下に、局注針をさします
  • ポリープの下にヒアルロン酸を注入します。ポリープの下にヒアルロン酸を注入します
  • スネアをひっかけ、ポリープに電流を流します。スネアをひっかけ、ポリープに電流を流します
  • ポリープを切除し、確実に回収します。ポリープを切除し、確実に回収します
大腸早期がん
がんの粘膜内、あるいは粘膜下層にとどまるものを早期がんといいます。現在は、手術をしないで内視鏡で切除できる早期がんも増えています。早期がんのほとんどが日帰りで内視鏡的切除が可能です。
ポリープを切除し、確実に回収します。
大腸進行がん
深いクレーターを有する進行がんです。がんが効層以下に及んだものを進行がんといいます。この段階になると、手術が必要でがんの進行の程度のより、手術前後に化学療法が必要なこともあります。
潰瘍性大腸炎
原因不明で、大腸粘膜にびらんや潰瘍をつくる病気です。下痢、粘血便、微熱が主症状です。厚生労働省より難病にも指定されている病気です。若い方に、非常に増えている疾患です。
クローン病
潰瘍性大腸炎同様、原因不明の炎症です。腸に潰瘍を来たし、縦に走る潰瘍が特徴です。潰瘍性大腸炎と同様に厚生労働省より難病指定されています。
大腸憩室症
憩室とは、腸の壁で薄い部分が、腸の内圧に押されて、部分的に外側に向かって袋状に、飛び出した状態です。憩室の中で、炎症を起こし、出血を来たすことがあります。
大腸内視鏡検査

診療時間


ご予約お問合せ 076-439-6655
メールでお問い合わせ
〒930-0010
富山県富山市稲荷元町1-9-1
クリニックモール稲荷元町2階