舟木内科クリニックTOP >胃内視鏡検査

胃内視鏡検査

苦痛の少ない胃内視鏡検査

“胃カメラ検査は苦しい・辛い”というイメージを持っていませんか?

最近では内視鏡検査の技術も装置も進歩し、従来と比べラクに検査できるようになってきています。

舟木内科クリニックでは、内視鏡を「口から挿入するか」「鼻から挿入するか」、患者さんに合った方法を選択することができます。胃カメラが苦手な方も一度ご相談ください。

胃内視鏡検査とは?胃内視鏡検査とは?胃の内視鏡検査とは、口または鼻から内視鏡(胃カメラ)を挿入し、食道・胃・十二指腸を直接観察する精密な検査です。上部消化器内視鏡検査ともいいます。内視鏡検査は観察だけではなく、生検による組織診断が可能です。

検査にかかる費用

健康保険1割負担 健康保険3割負担
検査のみ 約1,500円 約4,000円
検査 + 組織検査 約4,500円 約12,000円

※費用は、おおよその目安になります。詳しくはお問合せください。

当院の胃内視鏡検査の方法・特徴

経口内視鏡による検査(経口法)

経口内視鏡による検査(経口法)

経口内視鏡とは、口から内視鏡を挿入する通常の検査方法です。
胃の内視鏡検査の苦痛は、本質的には喉の反射によるものです。
当院では、細径の内視鏡を使うことで苦痛を緩和し、検査を楽にお受けできます。また、最新式の内視鏡を導入しています。

【たとえば、このような方におすすめします】
・ある程度の苦痛を我慢できる方

・検診で異常を指摘された方

・詳細な観察を希望される方

・鼻腔の狭い方

・耳鼻科の手術を受けられた方

・アレルギー性鼻炎の方 など

経鼻内視鏡による検査(経鼻法)

経鼻内視鏡による検査(経鼻法)

鼻から内視鏡を挿入する「ラクチン胃カメラ」、経鼻内視鏡検査も行っております。その苦痛の少なさより、患者さんにとって従来の経口内視鏡に比べ受け入れられやすい方法といえます。
経鼻内視鏡には、次のようなメリットがあります。

【経鼻内視鏡のメリット】
より苦痛が少ない
外径約5mmと、スパゲッティの細さほどの極細の内視鏡なので、鼻から無理なく、スムーズな挿入が可能です。検査中の苦痛が少ないため、強い麻酔の必要もなく、身体への負担も少なく済みます。
吐き気が起こりにくい
経口内視鏡で苦痛を感じるのは、多くの場合、喉の反射によるものです。鼻からの内視鏡は舌のつけ根を通らず、のどに触れることもないので、不快感や吐き気をほとんど感じずに検査を受けることができます。
会話ができる
鼻から入れる内視鏡なので、検査中も会話が可能です。質問したいとき、気分を告げたいときなど、医師とコミュニケーションを取りながら検査が可能なので安心です。
【たとえば、このような方におすすめします】
・経口が苦痛な方

・胃内視鏡検査がはじめての方

・検査不安の強い方・ご高齢の方

・心疾患など基礎疾患のある方 など

経口、経鼻内視鏡検査の選択

鼻からの内視鏡には、メリットだけでなく、デメリットとなる要素もあります。たとえば「口からの内視鏡に比べ細い分、視野が暗く、画像もやや劣る」「鼻の中が狭い方は痛い場合がある」「組織を取りにくい場所がある」などです。

平成25年9月23日に、内視鏡システムは、OLYMPUS最上位機種の「EVIS LUCERA ELITE ビデオシステムセンター CV-290」「EVIS LUCERA ELITE 高輝度光源装置 CLV-290SL」を導入し、観察モニターも新しいものに入れ替えました。これによりさらに鮮明な画像で診断できるようになりましたので、経鼻内視鏡検査でも旧システムの最上位機種に近い画像で観察できるため、デメリットも解消されつつあります。

検査中モニターを確認できます。

検査中モニターを確認できます

検査中に、自分の内視鏡画像をモニターで確認しながら、検査を受けることができます。

胃内視鏡検査

診療時間


ご予約お問合せ 076-439-6655
メールでお問い合わせ
〒930-0010
富山県富山市稲荷元町1-9-1
クリニックモール稲荷元町2階